第6回 ~伝えよう厳しさと優しさを~

こんにちは、筧です。私が代表を務める人材派遣会社では、日頃頑張ってくれているスタッフ達の誕生日にささやかなプレゼントを用意してお祝いをするようにしています。

今から7、8年前のことです。その日は、高齢の派遣スタッフAさんの誕生日でした。いつも頼んでいる花屋さんの配達が混んでいたので、夕方にAさんの自宅まで私が誕生日のお花を届けることになりました。 自宅アパートの入り口で仕事を終えたAさんと行き会いました。するとAさん「社長さん、花束なんて持ってどうされたんです?」と、きょとん。「なに言ってるの、今日はAさんの誕生日でしょう?Aさんにお花を持ってきたんだよ。お誕生日おめでとう!これからも頼むね。」と私は笑って言いました。すると、一瞬びっくりしたようなAさんの顔がみるみるうちに、くしゃくしゃになって、「今日が何の日かなんてすっかり忘れとった・・・この歳になって、近しい孫や子どもたちは何も言ってこないんだ。社長さん、ありがとう。ありがとう。」とぽろぽろ涙を流して受け取ってくれました。

翌日、会社の玄関には一輪車いっぱいネギや白菜がありました。自分の畑でとれた野菜をAさんがそっと黙って置いていったのだと、すぐに分かりました。晩はさっそくスタッフを集めての鍋パーティです。ある若いスタッフが「Aさんも呼ぼうよ!」と言い出しました。みんなも「そうだよ、一緒に囲んだ方が楽しいよ。御礼も言いたいし。」と口々に言います。

私は「それはちょっと待て。」と制して言いました。「Aさんをここに呼んだら、彼女の精一杯の御礼が御礼でなくなっちゃうよ。Aさんは今日の鍋に呼ばれた御礼をまたしなくてはと、今度は何か物を買ってお返ししようとするかもしれない。Aさんに不要な負担をかけることになるんだ。だから、この野菜はみんなで頂いて、すごく美味しかったよ!ありがとう!って明日、1人ひとり御礼を言うのが筋なんだよ。」スタッフたちは得心して、Aさんに全員御礼を言いに行ったそうです。

弊社では、経営理念に「共に生きよう 伝えよう 厳しさと 優しさを」という言葉を掲げています。仕事の厳しさ、本当の意味での優しさや感謝するということを共に生きる人間同士、伝え合って成長しようという思いです。会社からスタッフに、スタッフからその家族や取引先に、1人ひとりがみんなに伝え合っていこう。そういうスタッフの集まった会社であり続けよう。何故なら、会社や職場は、業務だけの場ではなく、人と人とが共存・共生・共栄していく場なのだから。

                                             H23.5.12

このページの先頭へ

株式会社リバースは愛知県稲沢市から人材派遣・人材紹介などあらゆるサービスを全国にご提供しています。