第55回 ~人は磨けば光る輝きの原石~

こんにちは、筧です。このコラムも今回が最終回となります。約1年に渡り、毎週この紙面で皆さんにお目にかかることができました。ありがとうございます。55回のコラムのなかで、これまで様々なことを書かせて頂きました。社内の社員教育をしていて思うこと、膨大な就職面接を行なってきて感じたこと、ホームレス支援事業や婚活のための「結婚予備校」を通じてのエピソード、プロフェッショナルな仕事とは何か、経営者として学んだ持つべき指針、家族・周囲の人、メンターとの関わりについてなど・・・。

前編を振り返って、改めて感じたことは、やはり「人は磨けば光る原石である」ということと、「人は人で磨かれる」ということです。ああなりたいと思ったからといって、決して誰かに取って代われるものではありません。一生を通じ、それぞれ持って生まれた自分の持ち石を一生懸命自分で磨いて、そして周囲の人とのかかわりのなかでも磨かれ、育てられ、成長し、いつしか人は自分の輝きを手に入れるようになるのだと思います。思い返してみると、私自身これまでの自分がどれだけ周りに助けられて、生かされてきたのかをまざまざと感じます。生まれて50年、経営者としても20年の節目を迎え、いびつだったところは少し真っ直ぐに、角張っていたところは前よりかは丸くなったでしょうか。

そして、私もまた多くの人と交わるなかで、誰かの磨き砂となり、輝かせることが出来たでしょうか。私の座右の銘のひとつでもある、人生の三感「感心・感動・感謝」。三感の「感心」は、自分自身と目の前にいる相手に関心を持ち続け、学ぶ心。「感動」は、物事に感化された自分自身の心の動きを自然と表現できる素直な心。そして、「感謝」は自分自身を取り巻く環境にありがとうと言える謙虚な心です。この三つの「感」に鈍感であると、磨き磨かれる機会を得ていても、その機会を活かしきれずに過ぎていってしまうように感じます。せっかくの魂も曇ったまま、しおれてしまいそうです。人に対して感心・感動・感謝の心を忘れず、これからも自分の、そして人材派遣業である弊社のテーマでもある「人」を見つめ続けていきたいと思います。

ニュース番組のテーマソングにもなった福山 雅治さんの「道標」という歌の一節に、次のような歌詞があります。「人に出逢い 人を信じ 人にやぶれて/人を憎み 人を赦し また人を知る/風に吹かれ 泣いて笑い 生きるこの道」・・・とても心に響く言葉でした。人を信じ、人にやぶれた時、私達は傷つけられたと感じます。けれど、その傷もまたいつか輝くきっかけかもしれない。磨き磨かれるということは、摩擦を生じ、痛みを伴うものです。傷つくことを恐れずに、人の輪のなかに飛び込んでいきましょう!そして皆さんの明日の輝きを手に入れて下さい。

*今回が最終回となります。1年間ありがとうございました。

H24.5.18

このページの先頭へ

株式会社リバースは愛知県稲沢市から人材派遣・人材紹介などあらゆるサービスを全国にご提供しています。