第50回 ~人材教育で強い会社を作る~

こんにちは、筧です。4月に入り、新入社員の入社式を終えた企業も多いかと思います。社内外での教育研修が組まれることが多いのもこの時期ならではですね。よく人材教育を語るとき、当て字で4つの「じんざい」という例えがあります。「人財」はモチベーション、スキルがともに高く、企業の方向性を理解し、成果を上げられる人、「人材」は、モチベーションは高くないが、職務遂行のスキルはあり、言われたことをきっちりこなすことができる人。「人在」は、モチベーションが低く、職務遂行スキルも不足しているため、言われたことを言われた通りにやるだけの無益の人。そして、「人罪」は、モチベーション、スキルともに低く、また不平不満を言って周囲のモチベーションまで下げてしまうような人。

新人研修とは、ざっくり言ってしまうと、新入社員にモチベーションやスキルを底上げする機会を与えて、将来的に「人財」となるよう企業が主体となって育成するものです。受講者によっては、研修というと苦手に感じたり、抵抗がある人も多いようですが、仕事の質を上げるためのものですから、自己投資しなくても会社が経費を負担して行なってくれることに感謝して、自分を高めるチャンスと思い、積極的に取り組んでみてほしいと思います。弊社の取引先のなかに、パチンコなどの遊技機部品の総合メーカーA社があります。かつて売上が十数億だったのを10年で100億超の会社にまで急成長させ、今は海外支社も設立している会社です。

そのA社は、組み付け業界においてトップレベルでの品質保持や実績を誇っていますが、事業の拡大とともに、人材育成にも力を入れてきました。春・夏2回に渡って行う新人研修、幹部研修、そして女性スタッフの接遇研修のほか、全社員規模での海外視察を行ったりと、働いているスタッフのよりよい刺激になるような試みが常に行なわれています。社長曰く「企業は絶えず人ありき。企業の成長は、人の成長あってこそなんだ。人が育たなくては、企業はそれに振り回されてしまうことになる。」会社の成長スピードについて来られるスタッフを、手をかけて育てるということを大切にしているのが分かる言葉でした。

ご縁あって、私の知人の接遇講師もご紹介させて頂いていますが、「あんなに気持ちよく、皆さんがいきいきと研修をうけてくれる会社は珍しいですね!」と担当の講師がびっくりしていたほどでした。スタッフ側もまた、教育研修の意義を理解して、前向きに取り組む社風が確立しているのです。下請会社や関連会社の表彰制度も設けているA社。その教育魂は、垣根を超えて広がっています。

 H24.4.13

このページの先頭へ

株式会社リバースは愛知県稲沢市から人材派遣・人材紹介などあらゆるサービスを全国にご提供しています。